在米ミセスのひとりごとを書いちゃいます。


by yankee_musume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ハロウィーン

b0007143_1605547.jpg

10月31日はHalloween(ハロウィ-ン)だ。もとはイギリスのケルト民族の伝統行事から由来するそうだ。彼らの宗教によるとこの日は大晦日に当たり、死者の魂と一緒に悪霊が家にやってくるので、それらを追い払べく、人々は恐ろしい仮面や衣装をつけて家の周りを練り歩いたそうだ。それが現在の仮装につながっている。シンボルとなってるパンプキン(アメリカのかぼちゃはオレンジ色)や魔女も彼らの文化からきてるそうだ。
アメリカでは、この日の夜に子供たち(大人も)仮装して、お菓子を入れる袋を下げて「Trick or Treat/トリックオア トリート」(お菓子をくれないといたずらするぞ)と言って、ご近所を回ってお菓子を集めるのが習慣になっているので、子供たちが楽しみにしている行事だ。家をデコレーションしたり、お菓子もたくさん用意しなくちゃならない。
それから、パーティーもひらかれたり、仮装コンテストもある。モールでもキャンデーを配ってるので、子供たちが小さいときはよく行ったものだ。他の人たちの仮装を見るのも楽しみだ。ホラー映画もこの日に合わせて公開される。そうそう、これも日本で大ヒットした清水崇監督の「呪怨」の米国版で、「The Grudge」がヒットしている。ホラーは苦手なので見に行かないが。以前、息子たちが日本の店でレンタルしてきた「リング」でこりごりだ。(多忙でまだ「Shall We Dance?」見に行ってないよ。)
クリスチャンの方で魔女などのせいかやらない人もいる。(私も一応クリスチャンだが気にしないでやっているけど。。。)いろいろな事件も起こっているので、親が同伴したり、一応もらったお菓子をチェックしたり、安全には気をつけたほうがいい。
ホント今週(今月)は多忙だった。うちはデコレーションとして、家の前にフランケンシュタイン(かかし風でかわいいが。。。)をおいて、ドアに魔女をはって、パンプキンのランプなどを置いた。骸骨はきらいなので置かない。ご近所は子供が多いのでお菓子もたくさん用意した。電気を消してもくるほどだ。コスチュームも結構高い。お店でセットになって売っているのは$30以上もしてるものもある。子供たちは毎年違うのをほしがるのでもったいないかよね。今まで忍者、パワーレンジャー、スターウォーズ、スーパーマン、スパイダーマン。。。ときりがない。今年はクラウン(ピエロ)とダースベーダーになった。そういう私もお菓子を配るときに仮装してる。今年はダースベーダーに合わせてレイア姫になった。両サイドの髪をロールに巻くのが大変だけど。ほんとうはクレオパトラの衣装なんだけどね。、白いドレス風なので、これで羽と頭に輪をつけてエンジェルになったり、いろいろ工夫してる。まあ大人も楽しんでるわけだが。
日本ではけっこうグッズが出回っていて、東急ハンズあたりで買えるよね。日本在住の外国人たちがパーティーやったり、米軍住宅地でもやってるんじゃないかしら。
[PR]
by yankee_musume | 2004-11-01 16:00 | 生活・文化・レシピ