在米ミセスのひとりごとを書いちゃいます。


by yankee_musume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

マドリー、バルサ、他のリーガの試合

b0007143_1691996.jpg

まず、8月29日(日)12PMにGolTVでプレリーガ特集後、
12:30PMにマドリー1対0マジョを見た。
ゴール ロニー(51分)
マジョ:モヤ、コルテス(73分:バリェステロス)、ミュラー、ニーニョ、ポリ、カンパノ、ペレイラ、マルコス(66分:デリバシッチ)、マルコス・バレス、アランゴ、ルイス・ガルシア(66分:ホルヘ・ロペス)
マドリー:イケルくん、サルガド、パボン、ラウル・ブラボ、ロベカル、ベッカム、エルゲラ、フィーゴ、ラウール(25分:オーウェン)、ジズー(80分:グティ)、ロニー(86分:モロ)
大型補強で注目されるマドリーだが、守備のテコ入れのために獲得したサムエルとウッドゲイトがケガで戦列を離れ、注目のオーウェンはベンチスタートと、結局、スタメンは昨年からのメンバー。しかし25分、ラウールが負傷するアクシデントに見舞われ、オーウェンがリーガデビューした。オーウェンは周囲とのコンビネーションにぎこちなさを残しながらも、51分、ドリブルでペナルティエリア内に切り込むと、柔らかいラストパスを供給。これをロニーが胸で押し込みマドリーが先制した。終盤にはマジョの反撃でピンチを迎えたものの、イケルくんのナイスセーブでなんとか逃げ切り、カマーチョ新監督の初戦を勝利で飾った。
江藤がいなくても、マドリーはマジョは苦手のようだ。ソラーリが出なくて残念だった。よく考えると彼は先日CL予選に交代で出たので、移籍してもCLに出れないわけだが。。。
ラウールだいじょうぶかしら。。。心配だ。マジョにベネズエラ代表のアランゴがメキシコから来てた。
次に2:30PMよりラシン0-2バルサも見た。ジュリーと江藤という新戦力ふたりのゴールで、バルサはロナウジーニョをケガで欠くものの、デコ、ジュリー、ラーション、エトー、ベレッチと新戦力を並べてラシンとのアウェイ戦に乗り込んだ。試合を支配しながらフィニッシュが決まらないバルサだったが、68分、ベレッチの正確なクロスをジュリーが決めて先制。さらに5分後にはシャビが倒されて得たPKを江藤が決めラシンを振り切った。
8月28日(土)にデポル1-1エスパニョールも放送があり、土曜日は多忙なので3PMのライブを録画して見た。デポルは23分、エスパニョールFWタムドにPKで先制を許す。しかし、58分にエスパニョールのデラペーニャが退場となって数的優位に立つと徐々に形を作り始め、77分、ムニティスのクロスからパンディアーニが決めて同点に追い付いた。

その他の試合はハイライトとネットの情報のみだが、先週のインタートトカップで同じスペインのビリャレアルに敗れた影響が心配されたA・マドリーだが、ホームの熱気にも後押しされ、序盤からマラガ相手にゲームを支配する。何度か惜しいチャンスを逃したあとの前半終了間際、ポストを叩いたイバガサのシュートが相手GKのオウンゴールを誘い先制に成功。さらに49分には、カウンターからF・トーレスが追加点を奪って勝利を決定付ける。マラガは55分、注目の新戦力、アモローゾを送り込むが反撃も及ばず、このままA・マドリーが2対0で勝利を手にした。昇格組のヌマンシアはベティスと1対1で引き分けている。
ソシエダと対戦した昇格組のレバンテは、アイルランド代表DFハートのゴールで先制したものの、ニハトの同点弾を喫して1対1の引き分けスタート。サラゴサはアルヴァロの2ゴールなどで3対1と昇格組のヘタフェに快勝した。また、オサスナとアスレティック・ビルバオは1対1で引き分け、セビージャはアルバセーテを1対0で下している。セグンダからの昇格組が数クラブあるのね。セルタが落ちちゃって見れなくて残念だ。
[PR]
by yankee_musume | 2004-09-04 16:08 | サッカー