在米ミセスのひとりごとを書いちゃいます。


by yankee_musume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

古代インカからのスーパー雑穀、キヌア(QUINOA)

キヌア(キノア)「QUINOA/keen-wa」は、古代インカ帝国から南米アンデス高原で主食とされた「母なる穀物」
ほうれん草と同じアガサ科の一年草の種子で、タンパク質・ミネラル類・食物繊維が豊富の上、必須アミノ酸も全て含む高い栄養価だそう。
で、NASAも宇宙食候補として検討してるという注目のスーパー雑穀。

私は去年、教会のクッキング・クラスでキヌアを知った。
このときは、炊いたキヌアにインド風カレーをかけて食べた。
気に入ったので、その日のうちに近所のスーパーでゲット。
ボックス・ライスのセクションの下段のほうにあった。
b0007143_14564777.jpg
ブルーのボックスがトラデッショナル(Traditional)、
他に値段がちょっと高い赤のボックスのインカ・レッド(Inca Red)もある。
インカ・レッドのほうがちょっと硬い。お米で例えたら白米と玄米って感じ。
両方ともオーガニックで原産国はボリビア。

ネットでググるといろいろ出てくる。
『世界ふしぎ発見』でインディオの村でキヌアを食べている様子を紹介。
白米と比較して食物繊維が約10倍、カルシウム・マグネシウムは約7倍、
鉄は約6倍、ビタミンB2は約10倍含まれてるそうだ。玄米よりもすごい。
グルテン・フリーで食物アレルギーの人も食べられる。
他の雑穀に比べて主食とは思えたいたんぱく質の含有量。
アミノ酸の構成は牛乳に似てるそうだ。
鉄やカルシウムも豊富で女性の健康にもいいわ。
日本でも売ってるみたいね。

詳細
English

b0007143_15102350.jpg
クッキングの先生がseed(種)って言ってたけど、
ひえ・あわ・きびみたいな雑穀で、なんか鳥の餌みたい。
ご飯と一緒に炊いたり、スープに入れたり、ビスケットやお菓子の材料にも。
お米のように洗う。

私はボックスの横に書いてある、
エネジー・セービング・メソッド(an energy saving Method)で炊く。

これはプレ・ワッシュ済みで洗わなくてもいいらしい。
キヌア1/2カップに対して水1カップ
で、鶏がらスープの素か塩を適量入れる。
または水の代わりにチキンブロスを使う。
これを小鍋に入れて5分沸騰されたら、
火からおろして蓋をして15分蒸らす。

ボックスの写真のようにサイドデッシュにしてもいいけど、
ちょっとくせ(臭い)があるので、
「毒だし脂肪燃焼野菜スープ」に入れて食べるのが好き。
炊いたプチプチ感が好き。
b0007143_15132230.jpg
これを朝食代わりに食べてる。
エクササイズに行くのでこれでちょうどいい。
今、寒いので体が温まっていい。
おかげで、痩せて体が軽くなり調子もよくて元気。
私はこれらで健康維持。

その他のレシピ
ターメリックピラフ
[PR]
by yankee_musume | 2010-02-08 15:20 | 生活・文化・レシピ